矯正指導医による確かな治療をお約束

〒285-0905 千葉県印旛郡酒々井町上岩橋67-1
京成酒々井駅(西口)徒歩約4分
JR酒々井駅(西口)徒歩約10分

診療時間
9:30~13:00 × × ×
14:00~18:00 × × ×

△:14:00~17:00   休診日:月曜日、日・祝日

ご予約・お問合せはこちら

043-496-0007

子どもの矯正歯科

※矯正治療は保険外診療です。

お子さまの悪い歯並びは予防できます

こんなお悩みありませんか?

  • 歯科検診で「かみ合わせ」にチェックが入っていたけど大丈夫かな?
  • 子供には歯並びで苦労させたくない・・
  • 子供の矯正って、何歳ごろから始めたらいいの?
  • 矯正をやっていない歯医者で、検査なしで様子を見ましょうと言われたけど・・
  • 矯正治療にはどんなメリットがあるのかな?
  • 治療費が高そう・・

といった疑問や不安があって、なかなか踏み出せずにいる親御さんも多いと思います。

お子さまの歯並び、大丈夫?

小さなお子さまは、自分自身で歯並びが良いか悪いかを自覚することはほとんどありません。歯並びが悪くても、よほどのことがない限り、症状がないからです。そのため、お子さまが幼いうちは、親御さんが歯並びをチェックしてあげることが大切です。

矯正治療は大人になってから始めるよりも、幼い時期から始める方がメリットがたくさんあります。将来お子さまが自分の歯並びで悩むことがないように、親御さんが歯の早期発見・早期治療をしてあげましょう。

お子さまの歯並びをチェックしましょう

次のチェック項目にひとつでも当てはまる場合、歯科矯正を必要とする可能性があります。お気軽に相談にお越しください。

  • 受け口(下あごが上あごよりも大きく、下あごが前に突き出ている状態)
  • 出っ歯(上あごが下あごよりも大きく、上の前歯が出っ張っている状態)
  • 八重歯(歯が生えるスペースが狭すぎて、でこぼこに生えている状態)
  • すきっ歯(歯と歯の間にスキマができている状態)
  • 発音に問題がある(しゃべっている時の発音が聞き取りにくい)
  • 乳歯が虫歯に侵されている
  • 顔の左右のバランスが違う
  • うつぶせ寝が多い
  • 指しゃぶりの癖がある
Question1

子どもの矯正治療って必要ですか?

6歳の娘の歯並びが悪いことが気になっています。でもまだ子どもですし、正直なところ、見た目はそんなに気にならないのですが・・・。子どもの頃から矯正治療って必要なのですか?

お子さまの歯並びの悪さは、見た目の問題だけではありません。

お子さまの歯並びの乱れは、見た目だけではなく身体の成長や健康に関わる重要な問題です。その上思春期になると、歯並びが気になって自信を持って話せなくなるなど、心にまで悪影響を及ぼしかねません。小さいうちに矯正治療を行っておくことで、お子さまの一生に影響する大きなメリットが得られます。

きれいな歯並びで得られる4つのメリット

食事・発音・運動など、身体のすべての機能が向上

歯の「噛み合わせ」は、身体の全ての機能が優れた働きをするために、非常に重要な役割を担っています。

たとえば、しっかりと噛めることで、脳の働きが活発になり、お子さまの知能の発達によい影響があります。また、お食事をしっかりと噛んで消化することで、健やかな身体の発育や健康維持にもつながります。

そのほか、正しい発音や運動能力の向上のためにも、しっかりとした噛み合わせが必要です。歯並びを治すことで、お子さまが本来持っている身体機能を最大限に生かせる可能性が高まります。

近年では正しい噛み合わせやきれいな歯並びが、生活や人生のクオリティを高めることが知られるようになり、アナウンサーやスポーツ選手など、社会的に活躍している人は矯正治療を受けるのが当たり前のようになってきました。

虫歯や歯周病になりにくいお口の環境を作れる

歯並びをきれいに整えると、見た目の美しさだけでなく、歯磨きがしやすいというメリットも得られます。逆に、歯並びが悪いと、でこぼこしているところに磨き残しやプラーク(歯垢)がたまり、虫歯や歯周病になりやすくなります。

お子さまのうちに矯正治療を始めて、お手入れしやすいお口を手に入れ、セルフケアの習慣をつければ、将来ずっと虫歯や歯周病にならない健康なお口の状態を保てます。

歯は失ってしまうと、再生しません。大切なお子さまが将来、虫歯や歯周病で歯を失わないように、幼いうちにきれいな歯並びを作ってあげましょう。

きれいな歯並びで、人に好印象を与えられる

仕事でもプライベートでも、第一印象は、とても大切です。特に、きれいな歯並びの方の笑顔はキラキラ輝いていて、とても素敵です。

矯正治療で歯並びを整えると自信をもって笑うことができるので、いつも笑顔でいることができて、初めて会う方にも好印象を与えられます。

矯正治療を早いうちに行うことで、お子さまの人生に与えるメリットは計り知れないものです。幼いうちは治療に乗り気ではなかったお子さまも、大人になってから、親御さんの先を見越した計らいに感謝する時がくることでしょう。

歯並びが悪いよりも良い方が、お子さまの人生が順風満帆に進むと思いませんか?お子さまが小さいうちから矯正治療を始めて、「キレイな歯並び」を得られるようにしてあげることをおすすめします。

抜歯しなくても矯正できる

矯正治療というと、抜歯がつきものというイメージを持っていませんか?多くの親御さんは、矯正治療でキレイな歯並びにしてあげたいけれど、お子さまに抜歯などで痛くて大変な思いはさせたくない、とお考えなのではないでしょうか。

お子さまの矯正治療では、自然なあごの成長を利用して治療を進めるため、できるかぎり歯を抜かない「非抜歯矯正治療」ができます。

お子さまが小さなうちは、歯をキレイに並べることよりも、まずは正しい歯並びを育成する土台づくり「歯列育形成」を中心に、矯正治療を進めていきます。従来のワイヤーを用いた矯正治療とは異なり、歯列育形成なら、抜歯せずに歯並びや噛み合わせをキレイに整えられる可能性があるのです。

「歯列育成」のメリット

あごの正しい発育を促し、抜歯せずに治療できる

お子さまが小さな頃から矯正治療をスタートするため、自然なあごの成長を利用した矯正が可能です。

最近では、食生活などのライフスタイルが変化してきたことにより、若者のあごは小さくなってきています。特に何もせずに成長に任せていると、すべての歯がきちんと収まるスペースのない小さいあごに育ってしまいます。狭いスペースに無理やり歯が生えてくるため、歯並びがでこぼこになってしまうわけです。

歯列育形成では、幼い頃からすべての歯がキレイに収まるような正しいあごの成長を促すことができます。こうして自然に、抜歯することなく美しい歯並びを得られるのです。

正しい噛み合わせで、集中力や運動能力が向上

正しい噛み合わせは、全身の健康や機能の向上に、とても良い影響があります。集中力や運動能力がアップするなど、心身のあらゆる成長に対して大きな影響を及ぼします。

成長過程のお子さまの心身に良い影響が得られるのは、非常に意味のあることです。ぜひ幼いうちから矯正治療を始めることをおすすめします。

大切な歯を虫歯から守れる

お子さまが歯科医院で矯正治療を受けている間は、歯並びだけを診ているわけではありません。お口の中を清潔に保っていくこともお手伝いしています。

お子さまの大切な歯を、プロによるクリーニングで、虫歯にならないようにお守りします。

Question2

子どもの矯正治療っていつから始めればいいの?

8歳の息子の矯正を始めたいと考えています。もっと早くから始めているお友達もいますし、もしかすると今から始めるのでは遅いのでしょうか?本来、何歳頃から始めるといいのですか?

お子さまが大きくなってしまったから小児矯正はできない、ということはありません。

お子さまが大きくなっても矯正治療は可能です。ただ、永久歯が生えてくるくらいの幼い時期から始めることで、治療計画の幅が広がるというメリットがあります。小さなお子さまには、4歳~5歳頃からスタートしていただくことをおすすめしています。

始める時期によって適した治療方法がありますので「遅すぎるかも?」といった心配はなさらないで大丈夫です。今のお子さまのお口の成長に合ったプランをご提案いたします。

当院では、就学前だからといって治療を急いだり、無理な方法で治療を進めたりすることがありません。診察やカウンセリングにより、お子さまに合った矯正の時期や方法をプランニングしますので、いつでも安心してお越しください。

成長の段階と治療方法

小学校入学前(乳歯のみで、まだ永久歯は生えていない段階)

下あごの位置が前後左右にズレが生じてしまっていたり、受け口になっていたりする時は、マウスピースを使った治療を行います。お口の状態によっては、小学校低学年ころまで治療を始めないで様子をみる場合があります。

小学校低学年(前歯と6歳臼歯が生えそろう段階)

6歳臼歯とは、最も早く生えてくる永久歯のこと。奥歯の第1大臼歯です。これが生えそろうと、歯並びの前後の幅や大きさが決まってくるので、取り外しができる床矯正装置(リンガルアーチ)を使用して、前歯と奥歯の嚙み合わせを整える治療を進めます。

小学校低学年から矯正治療を始めると、あごの自然な成長を利用して正しい歯並びを作っていけるので、ワイヤーの目立つ装置を使った治療をしなくて済む場合が多いです。

小学校中~高学年(犬歯~小臼歯が永久歯に生え変わる段階)

たくさんの永久歯が生え変わってくる時期に入りますので、ヘッドギア・固定式装置・マウスピースといった矯正装置を使って、本格的な矯正治療の下準備を進めます。

この時期から矯正を始める場合は、ワイヤーの装置を使った本格的な矯正治療が必要になるケースがほとんどです。中学生以降に治療を始めるよりも治療・管理の期間が長くはなりますが、その分、目立つワイヤーの矯正装置を装着する期間は短くなります。

中学生以降(永久歯が生え揃った段階)

中学生以降になると、すべての永久歯が生えそろってから矯正をスタートすることになります。目立つ歯並びがガタガタしているだけの場合は、歯を抜かずに矯正できることもあります。出っ歯など、前後に歯を移動させる矯正が必要になる場合は、抜歯をすることもありますが、しっかりと検査してから診断しますので、まずはご相談ください。

反対咬合(受け口)の治療例

<反対咬合(受け口)>
下の前歯が上の前歯よりも前に出ている

下の前歯が反対咬合(はんたいこうごう)つまり受け口になっているケースの治療例をご紹介します。このケースでは、あごにこれから生えてくる永久歯がおさまるはずのスペースがありませんでした。

そのため、矯正装置のプレートを使って、あごの幅を少しずつ拡げていきました。永久歯が生えてくるスペースを作ることができて、前歯の噛み合わせの乱れも治りました。

矯正治療では、装置を正しく使用しなければ効果が出ないため、患者さまの協力が必要です。この患者さまはプレートをきちんと使用してくださったので、キレイな歯並びを作れました。治療後は虫歯もなく、キレイな歯並びを保っています。

反対咬合(受け口)は、早期に治療を始めないと、年齢とともに治すのが困難になっていきます。もし、治療の開始が遅れたら、下あごが上あごに対して過剰に大きくなる「骨格的反対咬合」という症状になってしまいます。骨格的反対咬合の原因は歯並びだけではなく、下あごの骨格そのものになるため、歯の矯正治療だけでは治すことができず、外科手術を行う場合もあります。

そのような大掛かりな治療を避けるためにも、当院では3歳くらいから7歳頃まで、遅くても永久歯が生えそろう前までに、反対咬合の治療をおすすめしています。

Question3

「矯正治療の費用は高い」というイメージがありますが…

矯正治療の費用は高いというイメージがありますが、実際にこどもの矯正治療の費用はどのぐらいかかるのですか?診てもらう前に大まかな金額を知りたいです。

矯正治療の相談やカウンセリングの際に、費用についてもご説明します。

当院では矯正治療のご相談やカウンセリングの際に、治療内容だけではなく、費用についてもきちんとご説明します。患者さまにご納得いただいた上で治療を始めますので、ご安心ください。

治療費の例

前歯に重なりが生じてガタガタしている「叢生(そうせい)」とよばれる歯並びの場合、早い段階で治療を始めていただくと、初診料・検査料など含めトータル37万円程で矯正治療が可能です。一般的な矯正治療と比べると、歯列育形成の場合は費用がリーズナブルな点が特徴です。

治療費
小児矯正のご相談
※子ども手当適用の場合、費用はかかりません
 初診料
問診・治療計画 
※歯型作製・レントゲン撮影・写真撮影など
 8,000円+税
取り外し式の矯正装置を通常上下5回製作 320,000~360,000円+税
調整料
※2週間に1回のプレート(矯正装置)調整料
毎回 4,000円+税

小学生の矯正は「2段階」に分かれています

1期 準備矯正

永久歯列まで成長を利用して歯列を合格点に持っていきます。

2期 本格矯正

主にワイヤーで永久歯列を100点満点にします。

お子さまの矯正治療の流れ

カウンセリング

当院には、お子さまの「歯列育形成」の治療をご希望されてご来院される方が、たくさんいらっしゃいます。

まだ具体的に矯正治療を検討するところまでいっていなくても、お話だけでも大丈夫です。お子さまの歯並びや噛み合わせなどで、気になっている点などございましたら、お気軽にご相談にお越しください。

カウンセリングでは詳しい治療法・治療期間や治療費についても、ご説明いたします。

矯正治療に関する疑問点などをご質問いただいて、その上で「もっと詳しく診てもらいたい」というご希望を持たれましたらスタッフにお伝えください。お話をおうかがいした後、お子さまのお口の状態を診せていただきます。

検査

お口の中の状態を、詳しく検査します。検査の内容は、お口の型をとる・お口の模型を作る・レントゲン撮影・写真撮影などです。当院では、セファロ(=頭部X線規格写真)とよばれる矯正歯科用の特別なレントゲンを導入しているのでより精密な検査をすることができます。

「歯列育形成」を希望される場合は、乳歯の歯並びの形、上下のあごの位置関係、将来的に永久歯の歯並びがきれいに並ぶスペースがあるかの予測、永久歯が欠如なくすべて生えてくるのか、といった検査と診断をします。

治療計画の説明

詳しい治療の内容や、治療のスケジュールをわかりやすくご説明します。難しい専門用語などは使用せず、どなたにもわかりやすい言葉で、写真やイラストなどの画像なども用いながらご説明するよう心がけています。

ご不明点や疑問などがございましたら、いつでも遠慮なく質問してください。

1期 準備矯正

<プレオルソ>

プレオルはマウスピース型の矯正装置です。プレオルソを使用した矯正治療は、歯を直接動かすのではなく、お口周りの筋肉のバランスを整えることで歯並びの悪化を防ぎ、きれいな歯並びへと導きます。骨格が成長する4歳から9歳頃に実施すると、治療効果が期待できます。ワイヤーを使用した本格的な矯正治療の前に行うため、準備矯正とも呼ばれています。

プレオルソをお口に入れるのは、寝ている間と日中の1時間だけです。学校に行くときに装置をつける必要はありません。また柔らかい素材でできているため、お口になじみやすく、お子さまへの負担が少ない矯正治療です。

<リンガルアーチ>

歯にリンガルアーチという矯正装置を取り付け、裏側からワイヤーで歯並びを押し広げて整える矯正治療です。歯が内側に生えてきたり、斜めに生えてきた場合に、正しい位置へと戻すことができます。

 

2期 本格矯正

プレート(取り外し可能な矯正装置)の使い方や、ご自宅での管理方法についてご説明します。最初は、スタッフと一緒にプレートの装け方と外し方を練習します。

プレートは、お子さまの就寝中および家で過ごされている時に1~2時間、使用していただきます。幼稚園や小学校に居る時は、使用しなくても大丈夫です。

初めはプレートに慣れるまで、遊んでいる時や、テレビを見ている時などから着け始めます。無理をせず、初めは1時間くらい着けてみてください。装着していることに慣れてきたら、寝ている時にも使用します。

年齢が低いお子さまの方が、嫌がらずにすんなりと治療を受け入れやすい傾向にありますので、早い段階から始めるほうが、よりキレイな歯並びを目指せます。プレートは、好きな色を選んでいただけますし、お子さまがお気に入りのシールやイラストを入れることも可能です。お子さまのオリジナルプレ-トをお作りしますので、楽しみながら矯正治療ができます。

継続管理

歯列育形成の治療中は、継続管理のために約2週間に1回、通院いただきます。

お口の状態を管理していく際のチェックポイントは、歯並びの状態の確認、上下のあごの位置関係、将来生えてくる永久歯の配列スペースの測定、生えている途中もしくは生える前の永久歯の状態などです。これらを定期的に確認し、歯並びの状態やあごの成長に合わせて、次の治療段階で装着するプレートを製作します。

同時にお口のメインテナンスをしっかりと行い、虫歯にならないようにサポートします。

治療の終了

永久歯がすべて生えそろい、歯並びやあごが安定したら治療の終了です。

個人差はありますが、早いお子さまでも11歳くらいまでは継続管理しながら矯正治療を続けていく必要があります。

定期検診

治療が完了したあとも、お子さまの成長は続いていきます。

継続管理中よりは間をおきますが、歯並びを見守るために、定期的にチェックする必要があります。定期検診を続けていれば、成長によって歯並びに異常が現れた時も、すぐに保定装置(歯並びの後戻りを防ぐ装置)で、整えた歯並びを維持できます。

定期検診では歯並びのチェックだけでなく、虫歯の検査や予防も行います。歯並びをきれいに整えたお口の健康を継続していくお手伝いをいたします。

矯正後のアフターケアも万全です

歯みがき指導「TBI」

お口の中の健康を保つ秘訣は、毎日のご自宅でのケア。歯科医院での定期検診やメインテナンスは重要ですが、それ以前に日常的にご自身でケアを続けていくことが大切です。

磨き残しは、虫歯や歯周病の元になってしまいます。定期検診では、お子さまのお口の状態に合わせた歯みがきの方法を、歯科衛生士がご指導(TBI~Tooth Brushing Instruction)します。

お口の中のクリーニング「PMTC」

歯科衛生士の歯みがき指導の通りに毎日のケアを行っていても、取り切れなかった汚れやプラーク(歯垢)は溜まっていきます。特に、歯と歯ぐきの間の歯周ポケットの中に蓄積された汚れは、歯みがきではほとんど落とせません。そこが細菌の温床になり、虫歯や歯周病の発症につながります。

ご自身で行う日常的なケアと合わせて、歯科医院でのお口のクリーニング(PMTC~Professional Mechanical Tooth Cleaning)を受けていただくと効果的です。口臭予防にもなりますので、清潔なお口の状態を維持できます。

ご要望に合わせた治療をご提案

お子さまの矯正治療を行うにあたり、親御さまにはさまざまなお考えがあると思います。当院では「見た目を大切に治療してほしい」「噛み合わせをしっかり治したい」などのご希望に対応できるように、豊富な治療方法をご用意しています。

まずお子様のお口の中を確認し、お口の状態やご希望に適した治療方法をご提案いたします。治療期間や費用についてもしっかりご説明させていただき、治療への同意が得られてから治療を始めますので、安心してご相談ください。

定期健診

お口の中の健康を保つ秘訣は、毎日のご自宅でのケア。歯科医院での定期検診やメインテナンスは重要ですが、それ以前に日常的にご自身でケアを続けていくことが大切です。

磨き残しは、虫歯や歯周病の元になってしまいます。一人ひとりの顔が違うように、お口の中の状態もみんな違います。

定期検診では、お子さまのお口の状態に合わせたオーダーメイドの歯みがき方法「TBI(Tooth Brushing Instruction)」を、歯科衛生士がご指導します。

ご相談・矯正治療のご予約は、お電話またはご予約フォームから受付中です。不明な点などがございましたら、診察の際やお電話など、いつでも承っております。お気軽にお問い合わせください。

矯正治療をご検討中の方へ

一般的な矯正(唇側矯正)や小児矯正のほか、マウスピース矯正、部分矯正・インプラント矯正に対応しています。お気軽にご相談ください。

治療計画なども含め、実際の矯正治療の流れをご紹介。通院の頻度や期間、治療後のメインテナンスについても、こちらでご紹介します。

お子さまも安心して治療を受けられるような医院づくりや設備にこだわっています。当院にお越しになったつもりでご覧ください。

コミュニケーションを大切に、丁寧に治療することを心がけております。お口のことでお悩みの方はぜひ当院にお越しください。

360度パノラマで院内を自由にご覧いただけます

当院では矯正歯科治療でお悩みの方へ無料矯正相談を行っています。お電話かご予約フォームよりお気軽にご連絡ください。

043-496-0007

診療時間

 
午前 × × ×
午後 × × ×

午前   9:30~13:30
午後 14:00~18:00

△:14:00~17:00

休診日:日曜、月曜、祝祭日

アクセス

043-496-0007

〒285-0905
千葉県印旛郡酒々井町上岩橋67-1

京成酒々井駅(西口)から徒歩約4分